このページは私の好きな台を紹介していくページです。
サクラ大戦3〜巴里は燃えているか〜
5号機の行く先を導いた「エウレカセブン」の正統後継機。
ストック消費時に抽選する「STOCK BY STOCK(当選時はARTストック10個)」機能が特徴的な台で、エウレカセブンよりも一撃性が増しています。




「デートタイム」のヒロインが「真宮寺さくら」なら「プレミアムデートタイム」になります。
本機最強演出で、ART(光武モード)ストックが10個以上ある時に出現する模様です。
突入時にはレバーオン時にセブフラを伴います。




「デートタイム」は残りストック有りが確定します。
残りストック有り状態でも、デートタイムに毎回突入するわけではありません。
この台の少し困ったことに、ストックが有ってもかなりの頻度で通常時に落ち、前兆を経由させます。
中々「継続」してくれません。
この仕様に閉店間際、手こずられた方も多かったと思います。




交響詩篇エウレカセブン」から継承されている「自力ART突入システム」。
「リリベ(昇格リプレイ)→リリチェ(ART突入リプレイ)」を目指します。
この抽選には通常時、シングルをこぼし続ける必要があります。




昇格RT状態で突入リプレイフラグが立つと、押し順当てチャレンジが発生します。
第1停止が当たっていれば「維持リプレイ」が揃い、状態は継続します。
見事「リリチェ」を入賞させればART突入です。




稀に押し順チャレンジが発生しない「リリチェ」もあります。




昇格RT状態から押し順をミスすると「べチェべ」が揃い通常時に転落します。
因みに、通常RT状態やART中に出現すればボーナス確定です。




ART中の押し順ナビでベル否定。
押し順が出てもボーナスの期待度を下げない憎い演出です。




サクラ大戦3の中段チェリーもエウレカセブンと同様に、BIGorARTです。




サクラ大戦3はART機ながら出目についても良く出来ています。
特にチェリー付きのリーチ目が豊富です。
エウレカセブン辺りから見かけるようになった「チェリー・○・○」で入賞する形で、払い出し無しのリーチ目を出現させることが出来るようになりました。
この役構成は「ニューパルサー3」等のノーマル機にも大いに流用された素晴らしい発想です。




形は似ているのにこちらは払い出しがあります。




払い出しのある強チェリー。
チェリー同時当選時はBIG確定です。




チェリー揃いで払い出し無し。




こちらは払い出しのある強チェリーでナビ矛盾。




チェリー付きリプレイでボーナス成立中です。




ボーナス期待度の高い強チャンス目。




こちらはリーチ目になります。




強チャンス目。
ART抽選には弱い小役ですが、ART中にボーナス→ARTのループに役立つ小役です。




BAR揃いは赤7BIGのリーチ目です。
白7よりも獲得枚数が多く、それ即ち7揃い抽選も多く受けられるスーパーBIGになります。




BIG中の7揃いは勿論ART確定です。
大神(約5%)<ヒロイン(約50%)<さくら(確定)の順に7揃いの期待度が上がっていきます。




ボーナス成立後やARTの本前兆中にはナビ矛盾が割りと出現します。




「ベルだな」と言っています。




期待度の低い料理演出で成功。




一撃性は増しても、そこはエウレカタイプなので、3000枚近くまで行けば、十分大量獲得と言えるのではないかと思います。


サクラ大戦3は機械割が甘すぎると言われて、自主回収騒動の噂がありました。
そこでその点を改善(悪)して登場したのが「サクラ大戦3Loop ver.」です。
「デートタイム」「プレミアムデートタイム」が継続率方式になり、一応一撃性は増したと言われています。
何れにしても、サクラ大戦3は「STOCK BY STOCK」等による「プレミアムデートタイム」が最大の起爆剤です。
一度だけ打ち始めから前兆中の台を拾い、それが「プレミアムデートタイム」だった事があります。
今まで本前兆やボーナス等を何度か拾った事はありますが、これ程大きい拾い物をしたことはありません。
この台を思い出す時、その大きなサプライズが一番の思い出として残っています。



777タウン.net 【無料会員登録】



ななぱち


ピックアップ











































































































































































































































ページ上部へ

HOMEへ戻る