このページは私の好きな台を紹介していくページです。
バジリスク〜甲賀忍法帖〜U  part1
2012年6月11日導入

バジリスクタイムという、コケようがないシステムと、小当り重ねタイプでもない、直撃当選とチャンスゾーンでARTを目指す、バジリスクシリーズの中でも最高傑作の出来だと思っています。
スペック
種類
回転数
機械割
設定
BIG(336枚)
+ART
ART
50枚
payout
1
1/32768.0



同時当選
1/294
約30G
97.4%
2
1/262
99.0%
3
1/252
103.3%
4
1/218
107.2%
5
1/210
112.9%
6
1/178
119.5%

通常時小役確率
種類

第1
昇格

第1
昇格
右第1
フェイク
右第1

第1

第1
実質
1枚役

チェリー
確定
チャンス
リプレイ

MB

MB
設定
通常時の変則押しはペナルティ
不正解時は通常リプレイ入賞
変則押しは
ペナルティ
ベル
こぼし時
2/9
2枚
6枚
12枚
再遊戯
15枚以上の
払い出しで終了
1
1/26.8
1/26.8
1/28.0
1/90.0
1/14.0
1/14.0
1/31.4
1/81.9
1/164
1/10923
1/64.0
1/18.5
1/179
2
1/14.1
1/14.1
1/31.7
1/18.3
1/177
3
1/14.2
1/14.2
1/31.9
1/18.1
1/175
4
1/14.3
1/14.3
1/32.1
1/17.9
1/172
5
1/14.4
1/14.4
1/32.4
1/17.6
1/171
6
1/14.7
1/14.7
1/33.2
1/17.0
1/165

ART直撃抽選
種類
状態
低確率
高確率
低確率
高確率
低確率
高確率
低確率
高確率
低確率
高確率
低確率
高確率
低確率
高確率
設定

チェリー

チェリー
確定
チェリー
チャンス
リプレイ
強MB
強ベル
(MB中)
1枚役
1
0.1%
0.38%
15.0%
50.0%
100%
0.1%
10.0%
7.5%
25.0%
0.1%
20.0%
0.02%
2
18.2%
52.5%
11.1%
9.09%
26.2%
22.5%
3
20.0%
55.0%
12.5%
10.0%
27.5%
23.0%
4
0.4%
0.8%
22.5%
57.5%
0.4%
14.0%
11.3%
28.8%
0.4%
25.0%
5
2.0%
23.7%
60.0%
15.0%
11.9%
30.0%
27.5%
0.2%
6
1.0%
3.33%
25.0%
66.7%
1.0%
16.7%
12.5%
33.3%
1.00%
30.0%
0.39%

開眼チャレンジ概要
選択
継続
ART抽選
勝負
1G固定
28.1%
安定
15G固定
毎G抽選
波乱
ハズレ・通常リプレイ・押し順ベルの
7.87%で3G後に終了
毎G抽選

開眼チャレンジ
抽選
開眼チャレンジ当選確率
開眼チャレンジ中ART抽選確率
設定





確定



押し順


ハズレ
1
0.024%
6.25%
10.0%
20.0%
1.33%
50.0%
100%
10.0%
5.0%
100%
1.33%
2
6.64%
10.5%
21.0%
3
7.14%
11.1%
22.2%
4
7.81%
12.5%
25.0%
5
8.59%
13.7%
27.5%
6
10.0%
15.0%
30.0%



バジリスク2の継続システムはまずループ性能があり、この抽選をストック無し時に抽選します。
それからART中に上乗せ抽選をして、当選すれば当然非継続だったとしても継続します。
バジリスクの一番良いところは上乗せ当選で継続したら、非継続時にはまたループ性能が復活するところです。
なのでこの「夢幻泡影」は80%ループですから、上乗せからの復活込で9割を超える連チャン性を誇っています。
ちなみに継続時に上乗せしたら次セットも継続です。




これしかありませんでした。
天膳スタートも80%継続です。
緊張の刻です。




バジリスク2での最強出玉上乗せ性能を誇る「真・瞳術チャンス」ですね。
約3Gに1回程度の割合で上乗せストックが期待できます。




BIG当選も大量獲得契機です。
32768分の1と低確率ですが、ART当選に加え高継続モード、そして複数ストックを持ってスタート出来ます。
当選契機は赤BAR揃いと強チェリー同時当選のみです。
開眼チャレンジ中、ART終了準備中以外で狙えナビが出たときは興奮のBIG当選0確になります。




更に当選の次ゲームにフリーズすることがあります。
条件としては2分の1で80%継続を選択し、なおかつ次ゲームでの2分の1の演出選択でフリーズ演出を選択すると出ます。
なので強チェリー、BAR揃いの次ゲームでは、まさかとは思いつつもフリーズを期待して良いわけです。




ストック上乗せの確率から見る頻度{低確率}強チェリー(50%)>(赤BAR揃い)>巻物(6%)>リプレイ(0.1%) >強MB(11%)>強ベル(4%)>押し順ベル(0.1%)>弱チェリー(1.5%) >確定チェリー(100%)>弱MB(0.1%) となります。
高確率(朧参戦)では弱チェリー、巻物、強ベルは50%に、強チェリー、強MBは100%に格上げされます。
ストックは基本1つの契機につき1つですので、この金7を出すには朧ちゃんの力が必要でした。




甲賀が10人選択であり、なおかつ1人も倒されることなく(10人時瞳術も可)勝つと「完全勝利」となり50%継続以上の継続率ストックが確定です。
今のループが終わったら発動します。




実はかなり難しい条件なんですね。
10回あったかどうかです。




追想の刻は基本10ゲームですが、稀にそれ以上だったりします。
あれだけ打ち込んでバジリスク2での追想の刻100ゲーム継続が一度もありませんでした。
唯一確認出来なかったこととして印象に残っています。




バジリスク2の争忍の刻では対決人数が3人以上差がつくと継続です。
またどちらかが10人、9人なども継続です。
甲賀の10人は良く出ますが、伊賀の10人はなかなか出ません。
継続であり、朧高確でもありと条件がシビアです。




弾正やお幻がいれば継続です。
さらに花火柄ですし、WILD EYESが目の前ですね。




「見よ、豹馬」どのタイミングでも嬉しい瞬間です。




追想中、7は出ただけで確定ではないかと思います。




この絵だけではただのモヤナビですが、これが非前兆中であれば0確になります。
モヤの発生条件がMB以上の小役を引いた時です。
なのでそれら小役を引いてなく、突然モヤナビが出たら上乗せ確定です。
追想1ゲーム目なら絵だけで0確です。




確定チェリーは通常時なら50%継続以上のスタート。
ART中ならその50%ストックに加え強チェリーの上乗せ抽選(50%)もします。




確定チェリーは12枚役で、右リール中段に赤BARor白BARが止まります。




続いてこちらが右リール上段にBARで弱チェリーです。
液晶矛盾はチェリーぐらいしかお目にかかりませんでした。




バジリスク2あたりからユニバの赤文字が強くなっていきました。
それが好評だったからか他のメーカーも真似し始めた印象があります。




金文字は確定です。
パチンコとは違い、パチスロは金文字を大体確定にしています。
昔はレインボーも確定ではない台がありましたが、もう統一されたみたいですね。
なので虹っぽく見えて2色など、初打ちで分かりづらい色使いはブレるのでやっては駄目ですね。




かわいい朧ちゃんその1。
通称たぬきちゃん




かわいい朧ちゃんその2。
通称カエルちゃん

777タウン.net/777townSP

777タウン.net 【無料会員登録】




ピックアップ















































































































































ページ上部へ

part2へ

HOMEへ戻る